一時的にお金を借りたい!無職や未成年でも借りられるのか?

予想外にお金が足りなくなったときには、どうにかして調達しなければなりません。一時的にお金を借りたい場合、どこで借りればいいか悩む方も多いでしょう。

特に無職や未成年だと審査があるところでは融資してもらえず、焦ってしまうことも。

お金を借してくれるのは銀行や大手消費者金融だけでなく、ゆうちょ銀行や公的制度などいろいろな選択肢があります。

自分に合った借入先を見つけるために、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

一時的にお金を借りたいなら?おすすめの方法と比較一覧

お金を借りる方法と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、消費者金や銀行のカードローンではないでしょうか。実際には下記のように様々な借入先があります。

種類 審査スピード 金利 審査の有無
大手消費者金融カードローン 最短30分 4.5〜18.0% あり
銀行カードローン 1〜2週間 2.0〜14.0% あり
クレジットカードのキャッシング枠 18.0% なし
中小消費者金融 最短30分 4.8~20.0% あり
生命保険契約者貸付 3.0~5.0% なし
ゆうちょ銀行の自動貸付 約定金利+0.25~0.5% なし
緊急小口資金 5日間 なし あり

審査の有無や金利など、何を重視するのかによって最適な借入先は変わります。

上記の表には載っていませんが、大手消費者金融カードローンはWeb完結で契約が完了できるサービスや無利息キャンペーンを展開。

利用者が融資をより手軽に安心して受けられるよう工夫されています。

一時的に借りたいなら消費者金融が最適

一時的に借りたいと考えているなら、消費者金融を選ぶのが最適です。

審査スピードがどこよりも早く、くわえて無利息サービスやWeb完結など、一時的に借りたい人の要望を叶えるサービスが豊富なのも特徴。

一時的な借り入れに消費者金融が最適な理由について、解説していきます。

最短30分で審査が終わり即日借りれるのは消費者金融だけ

銀行カードローンは審査に1週間以上かかるところもありますが、大手消費者金融カードローンは審査が速いのが特徴です。

ほとんどの大手消費者金融では最短30分で審査が終わり、即日借入が可能。

5万円程度の少額融資にも対応しているので、すぐにお金を借りたい方にとって頼れる存在と言えます。

無利息サービスがあるので返済負担は少ない

大手消費者金融では独自に無利息サービスを提供していることがあります。無利息期間は30日間であることが多く、5万円までの借入なら180日間無利息になるところも。

無利息サービスは新規客獲得が目的なので、対象者は新規契約者に限られていることが普通です。

消費者金融名 無利息期間 通常の金利
アコム 最大30日間 3.0~18.0%
アイフル 最大30日間 3.0~18.0%
レイクALSA 30日間
最大60日間(Web申込み限定)
最大180日間 (5万円まで)
4.5~18.0%
プロミス 最大30日間 4.5~17.8%

期間内なら返済時に利息を支払う必要がなく、例えば10万円借りたら10万円だけ返済するだけです。

もし無利息期間が終わるまでに完済できなくても、通常の金利が日割りでかかるのみ。

30日間の無利息サービスを利用して2ヵ月間(60日間)10万円借りた場合、オーバーした30日間分の利息が請求されます。

ではここで無利息サービスによってどれほどお得になるかを、銀行カードローンと中小消費者金融を比較してみましょう。

借入先 金利 利息 無利息サービス
大手消費者金融 18.0% 1,479円 30日間無利息
銀行カードローン 14.0% 2,301円 なし
中小消費者金融 20.0% 3,287円 なし

10万円を2ヵ月借りる条件でシミュレーションした結果、大手消費者金融が最も利息が低くなりました。

大手消費者金融で2ヵ月間借入した場合、本来なら利息は2,958円かかりますが、30日間無利息のおかげで半額に抑えられます。

金利が14.0%と低い銀行カードローンでさえも、2ヵ月分の利息は大手消費者金融より822円高いです。

中小消費者金融はもともとの金利が20.0%と高いので、大手消費者金融との差は1,808円。

無利息サービスがどれほど利用者にとってメリットが大きいのかが分かるでしょう。

Web完結・郵送レスで借りれるためバレる可能性が低い

大手消費者金融カードローンの中には、Web完結・郵送レスで借入できるところがあります。

電話・店頭・自動契約機でも申し込めますが、Web完結・郵送レスであれば家族や知り合いに借入がバレる可能性が低くなるメリットも。

Web完結以外の方法で申し込むと電話連絡が入ることもあるため、必ずWeb完結ができるところを選びましょう。

安定した収入がある20歳以上で信用情報に問題がなければ審査に通りやすい

カードローンの審査に通るためには、最低でも下記の3つの条件をクリアする必要があります。

  1. 年齢
  2. 安定した収入
  3. 信用情報に問題がない

カードローンによっては18歳以上でも申し込めるものもありますが、20歳以上が基本です。

アルバイトやパートでも安定した収入があれば、返済能力があると判断されるため審査通過は可能。

ただし年齢と安定した収入があっても、信用情報に問題があれば審査落ちする確率が高まります。

信用情報とはカードローンなどの申込履歴や返済状況に関する情報のこと。過去に返済の延滞があったり債務整理を行ったりした場合は、信用情報に記録されています。

カードローンの審査をするときには信用情報を必ずチェックされるため、問題があると審査通過は難しいでしょう。

一時的に借りられる金額はどれくらい?

審査によって利用者の返済能力が判断され、返済可能な範囲で融資額が設定されます。利用者によって年収や信用情報が異なるため、借りられる額も人それぞれ。

カードローンの融資上限額は各社ホームページに記載されており、プロミスとレイクALSAは500万円まで、アコムとアイフルは800万円までとなっています。

しかし実際の融資額は10万円~50万円が一般的で、100万円単位で借入できることは少ないです。融資額が10〜50万円と低い理由には次の5つが挙げられます。

  1. 年収が少ない
  2. 収入が不安定である
  3. 勤務年数が短い
  4. 他社借入件数・金額が多い
  5. 信用情報に問題がある

1~5に当てはまる方は返済能力が低く見積もられます。

本人が返済できないほどの額を融資すると、延滞や貸し倒れを起こす可能性があるので10~50万円に設定されるのです。

一時的にお金を借りたいけど審査に自信がないときの対処法は?

安定した収入がなかったり信用情報に問題があると、審査に通るのは困難。

一時的に金を借りたけど審査に自信がないときは、カードローンではなく別の方法でお金を借りられます。

クレジットカードのキャッシング枠があればすぐに借りられる

カードローンでの融資には必ず審査がありますが、どうしても審査なしでお金を借りたいという方も多いはず。

審査なしでお金を借りたい方は、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、審査なしですぐにお金が引き出せます。

クレジットカードは発行時に審査が行わるので、キャッシング枠を利用するからと言って再び審査をするわけではありません。

自分の好きなタイミングで借入が可能。クレジットカードを使ってコンビニなどのATMからすぐにお金を調達できます。

キャッシング枠の限度額はクレジットカードの発行時に設定されていおり、上限額に達するまで何度でもお金を引き出せます。

キャッシング枠が付帯していないクレジットカードを所有している場合は、キャッシング枠をつけるための審査が必要です。

即日引き出しが可能なキャッシング枠ですが、金利はカードローンより高めな点がデメリット。

同じく最短即日融資が可能な消費者金融カードローンの平均的な金利は14.5〜18.0%に対して、キャッシング枠の金利は18.0%固定がほとんどです。

高額融資や長期間の借入を希望する方は、利息が大きな負担になるケースがあります。

「金利は高くてもいいから審査なしですぐに借りたい」と考えているなら、クレジットカードのキャッシング枠がおすすめです。

金利が低い公的融資・支援制度は一時的な借り入れにも対応

失業や貧困などが原因で生活が苦しい場合は、自治体がお金を貸してくれる公的融資・支援制度を活用するのもいいでしょう。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠のようにすぐに借りるのは難しいですが、金利の低さが大きな特徴です。

公的融資・支援制度には「総合支援資金」や「緊急小口資金」があり、最も一時的な資金で借入しやすいのが緊急小口資金。

緊急小口資金…緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に少額融資が受けられる制度

融資までの期間 5日間程度
融資可能額 10万円以内
金利 なし
審査 あり
申込先 市町村の社会福祉協議会

例えば東京都社会福祉協議会では下記の3つの条件を満たす世帯を対象としています。

  1. 低所得世帯である
  2. 緊急かつ一時的に生計維持が困難な状況であること
  3. 返済(償還)の見通しが立つ

参考:東京都社会福祉協議会

※お住まいの社会福祉協議会により対象者や貸付条件は異なる場合があります

総合支援資金は融資までに1ヵ月ほどかかりますが、緊急小口資金は5日間程度でお金が受け取れます。

すぐに借りるのは難しいですが、一時的にお金が必要なら緊急小口資金を利用することも検討してみましょう。

安定した収入があるなら独自の審査基準を設けている中小消費者金融を検討

消費者金融は大手だけでなく、中小企業が運営する消費者金融も存在していることをご存じでしょうか。

中小消費者金融は独自の審査基準を設けているため、過去におて消費者金融の審査に落ちた方でも審査通過できる可能性があります。

大手消費者金融と中小消費者金の違いのサービスの違いは大きく分けて3つ。

  1. 融資スピード
  2. 金利
  3. 融資額

大手消費者金融の多くは最短即日融資が可能ですが、中小消費者金融は即日融資に対応していない会社が多いのが実情です。

金利と融資額については下記の表を参考にしてください。

金利 融資額
中小消費者金融 4.8~20.0% 1~500万円
大手消費者金融 3.0~18.0% 1~800万円

大手消費者金融の金利は高くても18.0%までですが、中小消費者金融は20.0%のところもあります。

大手消費者金融で借りる場合よりも利息が多くなるので、当然返済額も増えます。利息の支払いだけでも負担が多いため、安定した収入がないと厳しいでしょう。

また融資額の上限も300万円低く、高額融資を希望している方には不向き。

中小消費者金融によっては来店が必須な会社があったり、借入・返済に利用するATMが少なかったりと、サービス面の違いも大きいです。

生命保険を契約しているなら審査なしの契約者貸付が利用できるか検討する

生命保険に加入している場合は、契約者貸付制度を利用してお金を借りられる可能性があります。

契約者貸付とは保険の解約返戻金を担保にして融資を受ける制度。本来なら解約返戻金は生命保険が満期になったときにを受け取ります。

一時的にお金が必要な場合は、解約返戻金の7~8割程度を上限として借入可能です。担保があるため無職や専業主婦でも審査なしで借りられるのがメリット。

金利は2.0〜6.0%程度と非常に低く、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠より利息を抑えられます。

契約者貸付制度は終身保険や養老保険などの積立型の保険で使える制度ですが、保険会社によっては対応していない場合も。

まずは保険会社に問い合わせて、契約者貸付制度があるかを確認してみましょう。

ゆうちょ銀行の「定額または定期貯金」残高があるなら審査なしで借りれる

ゆうちょ銀行に担保となる定額または定期貯金があるなら「自動貸付」というサービスを利用できます。

担保があるため審査なしで即日借入可能。定額(定期)貯金の残高の90%(最大300万円)まで受け取れます。

審査なしのゆうちょ銀行の自動貸付なら、審査に自信がない方におすすめです。

家や土地を担保にできるなら不動産担保ローンもあるが一時的には向いていない

不動産担保ローンでは自分が所有している家や土地を担保にお金を借りられます。

担保があるので、カードローンなどの無担保ローンより低金利なのが魅力。金利2.0〜9.8%程度が一般的です。

不動産評価額の70〜80%が融資額で、上限額が10億円というローン会社もあります。

一時的にお金を借りたいというよりも、計画的に高額融資を受けたい方に適した借入先です。

質屋なら審査なしで借りれるが早めに返済しないと利息がかさむ

質屋では担保として物を預ける代わりにお金が借りられます。担保があるため審査はありません。融資額は査定額の70〜80%程度。金利は月率4.0〜9.0%が一般的です。

金利が4.0〜8.0%と聞くと低いように思えますが、カードローンの金利は年率なので、単純比較はできません。

質屋の金利月率9.0%を年率に換算すると109.5%です。カードローンの最大金利(年率)18.0%と比べると圧倒的に高いのが分かります。

質屋の金利は「質屋営業法」に則って決められており、月率9.0%でも違法ではありません。

仮に金利が月率9.0%の質屋で10万円の借入をしたら、1ヵ月間で9,000円の利息がつきます。

早めに返済しないと利息が大幅に膨らむので、質屋は短期間の利用でとどめておきましょう。

未成年(20歳未満)が一時的にお金を借りたいとき使える方法

未成年(20歳未満)だと銀行や消費者金融カードローンの申込対象外になるケースがほとんど。一時的にお金を借りたいと思っても、貸してくれる金融機関を探すのは困難です。

それでも未成年が一時的にお金を借りることは可能。ここからは未成年でも借りられる方法を4つ紹介します。

18歳以上ならゆうちょ銀行の「定額または定期貯金」残高があれば借りれる

自動貸付は定額または定期貯金の残高を担保にするため、18歳以上なら学生や無職でもお金を借りられます。

本人名義の通帳さえあれば、即日融資が可能。名義人の家族や知人が自動貸付を代理で利用するのは禁止されているので、必ず本人が借入を行ってください。

融資限度額は担保となる残高の90%まで。例えば定額または定期貯金の残高が100万円なら90万円まで受け取れます。

なお残高が多くても総合通帳1冊あたりの融資上限は300万円までなので注意しましょう。

すぐには借りれないが金利が低く18歳から申し込めるろうきんカードローン

ろうきんカードローンは、労働組合を中心に組織された非営利金融機関「ろうきん」が提供する低金利カードローンです。

どれだけ低金利かと言うと年率3.875%〜8.950%。消費者金融カードローンより10.0%くらい低いです。

利用対象年齢は満18〜65歳未満なので未成年でも借りられますが、年齢の範囲内なら誰でも申し込めるわけでなく、以下のどれかに該当していなければいけません。

  • 団体会員の構成員
  • 生活協同組合(生協)の組合員およびその家族
  • 一般勤労者

勤務先がろうきん(労金)に出資している団体だったり、「ろうきん友の会」に加入していたりすると上記の条件をクリアできます。

またろうきんカードローンの対象者であっても、未成年者が利用するには親権者の同意が必要です。

年齢以外にも次の条件をクリアしている必要があります。

  • 年収150万円以上
  • 同一勤務先で1年以上給与をもらっている
  • 自営業の場合は3年以上の安定した収入がある

低金利でお金を借りられる「ろうきんカードローン」を利用するには、多くの条件を満たすことが必須。

仮にろうきんカードローンで融資を受けられることになれば、消費者金融で借入するときよりも高額の融資も期待できます。

労金は消費者金融と違って貸金業法のルールに縛られないため総量規制の影響を受けず、融資額を年収の3分の1以内に抑える必要がないのです。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:日本貸金業協会

ろうきんカードローンには審査があります。融資までは1ヵ月程度かかりますが、急ぎでなければ検討したい借入先です。

一部の学生ローンなら18歳以上で借りられる

学生がお金を借りるなら、学生ローンを選ぶのもいいでしょう。

学生ローンは高校生を除く満18歳以上の学生が利用できる借入先。金利は17.0%なので大手消費者金融カードローンとほぼ同じです。

審査は15分〜1時間ほどで完了するため、最短即日融資が可能。融資を受けるには以下の4つが必要です。

  1. 学生証と運転免許証または保険証の提示
  2. 未成年の場合は保護者の同意書
  3. 安定した収入
  4. 利用目的

学生でも安定した収入があるかどうかが問われ、バイトで5〜10万円稼いでいると審査通過できる可能性が高まります。

また利用目的は審査時に必ず聞かれる項目なので事前に考えておきましょう。例えば学費や自動車免許の取得費用、資格取得費などを目的とするケースが多いようです。

返済は学生のうちに終わらなくても差し支えありません。学生ローン会社が定める返済期間はバラバラですが、おおむね3〜5年間が相場。完済できれば、社会人になっていても問題ありません。

18歳以上でも質屋なら審査なし!早期返済を心がけよう

質屋は18歳以上なら誰でも審査なしで借りられますが、早期返済しないと2つのリスクがあります。

1つ目のリスクは金利が高く、返済期間が長くなればなるほど多くの利息を支払わなければいけないこと。

2つ目は質屋の保管期間が3ヵ月のため、3ヵ月以内に完済しないと預けた物が戻ってこないことです。

保管期間を過ぎると預けた物を取り戻せなくなるので、質屋で借入する際は早期返済を心がけましょう。

とにかく返済負担を抑えて一時的に借りたいなら?

お金が足りないときには、とにかく返済負担を抑えて借りられる手段を選びましょう。

返済負担を抑える1番の方法は利息を減らすこと。無料利息サービスを活用するか、低金利の融資に申し込んでください。

大手消費者金融カードローンの無利息サービスを活用すれば返済は元金のみ

大手消費者金融カードローンでは無利息サービスを提供しているところが多いので、まずは申し込みだけでもしてみましょう。

無利息期間は短くても30日間、長くても180日間。一時的にお金を借りたいなら無利息サービスを使うべきです。

利息がなければ返済は元金のみだから、余計なお金を使わずに済みます。

無利息サービスを利用する場合は、期間内に返済が終わるように計画しておくのがおすすめ。

契約の翌日から無利息期間がスタートするところが多いので、いつまでに返し終わればいいかを最初から計算しておきましょう。

金利がついてもゆうちょ銀行の自動貸付なら超低金利

ゆうちょ銀行の自動貸付なら、定額貯金の場合は返済時の約定金利(%)+0.25%、定期貯金の場合は預入時の約定金利(%)+0.5%の利息で済みます。

約定金利は変更されることがありますが、現在なら定額貯金・定期貯金ともに0.002%。

つまり定額貯金の金利は0.252%、定期貯金の金利は0.502%です。大手消費者金融の上限金利18.0%と比べると、圧倒的に低いことが分かります。

定額(定期)貯金で融資を受けた際の1年間の金利を計算して、下の表にまとめてみました。

預入金額 貸付限度額 利息(定額貯金) 利息(定期貯金)
10万円 9万円 234円 459円
50万円 45万円 1,170円 2,295円
100万円 90万円 2,340円 4,590円

無利息サービスを提供していない大手金融機関(金利18.0%)で10万円の融資を受けたら、1年間で18,000円の利息が発生します。

同じ10万円を定額貯金の自動貸付で借りた場合は、1年間で234円の利息しか発生しません。

金利の差は17,766円。ゆうちょ銀行の自動貸付が返済負担を段違いに軽くしてくれることは明らかです。

Copyright© 一時的にお金を借りたいならどこがおすすめ?無職や未成年でも借りれる審査なしの方法も伝授 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.